FC2ブログ
雲心月性
心の言葉が聴こえますか?
生きてく言葉
キミの死を知らせる
記事が流れてく
数ヶ月前までは存在していた命

キミが残した言葉の数々
其処には確かな命の重さ
確実に死と闘い
生き抜いた証が刻まれている

仮初の世界でキミが
綴っていった言葉は
意味もなく垂れ流されるモノじゃなく
生命と温もりを伝える言葉

残された年月を
命の限り輝いてみせた証

今 キミの残した言葉を
心の中に描いてみる

きっとこの言葉の中には
キミの辛いことも涙したことも
一字一字 託していたのでしょう

それでも言葉には生への奇跡を信じて・・・
決して諦めない 生き抜く希望を籠めて・・・


にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
この詩は、26歳の若さで逝った木村清花さんを偲んで綴ったモノです。
拙い詩ではありますが、同じ詩を愛する者として清花さんに捧げたいと思います。

私は清花さんを生前知ることはありませんでした。
たまたまネットでいろんな方の詩を眺める為に、検索している時に清花さんのブログに行き当たりました。
ブログを拝見させて頂き、言葉の輝きにただただ感服いたします。

昨今は命を軽く扱い、様々な不幸なニュースばかり流されています。
そういう人たちに気付いて欲しい。
命の重さ、生き抜くことの大切さを・・・

現在、清花さんのブログは御父様が引き継いでいらっしゃいます。
皆様には一度足を運んで、清花さんの「生きた言葉」を鑑賞して頂きたいと思います。

さやかの小さな詩集

心より清花さんの御冥福をお祈り致します。

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

コメント
生きていく強さ
雲さん、こんばんは。

ざっとですが、木村清花さんの詩を拝読しました。癌だったんですね…26歳、早すぎる死です。
生きることは楽しいことばかりではない。けれど、苦しいことばかりでもない。
何より、生きたくても生きられなかった命があることを、命を軽んじる人たちに分かってほしい、と、私も心から思いました。
生きていく強さ、尊さ、大切さ。この世に生まれたことの素晴らしさ。

この場を借りて、木村清花さんのご冥福をお祈りします。

(追伸)
詩の感想になっていませんね。ごめんなさい。
2008/06/15(日) 22:04:00 | URL | 優 | [ 編集 ]
優さんへ・・・
そうですね。
生きたくても生きられなかった命が存在したコトは、生きている我々に生きるコトの尊さを語りかけてきます。
オイラも全部は読みきれていないんだけど、清花さんの輝くばかりの言葉の数々と御父様の我が子を想う言葉の数々、涙が零れます。
これが真実の愛なんでしょうね。

(追伸)
優さん、いいですよ(^_^)
オイラの詩は付け合せです。
清花さんの言葉を少しでも多くの人に見てもらいたかったから・・・。
2008/06/15(日) 22:36:09 | URL | 雲 | [ 編集 ]
(*´;ェ;`*)
涙が止まらん…
お父さんの気持ちが…。

ひなちゃの応援してた人も 先月5月30日、
白血病で30歳の若さで亡くにゃりまちた。。。
10代で発病して ずっとずっと頑張ってまちた。

ひなちゃの身内も 去年 他界しまちた。
そりで 一番の供養に…って
毎日を幸せに生きようって思ったにゃ(*´;∀;`*)

生きてる事の素晴らしさ、
大事にゃ人と笑いあえる『今』を精一杯にってv-352
2008/06/16(月) 05:26:04 | URL | ひなちゃ | [ 編集 ]
ひまちゃへ・・・
亡くなった清花さんも辛かったろうけど、身内も相当辛かったと思う。
御父様にとっては、大事な大事な娘さんだからね。
そんな状況でも、お互いがお互いを思って気遣ってる姿を見ると涙が止まらないよ。

そっか、ひまちゃの知り合いも若くして亡くなったんやね。
30歳じゃ、これからだよね、本当に・・・

生きてくコト、何があっても命ある限り生き抜くコトの大切さをオイラたち生きてる人間は考えなくちゃいけないよね。
2008/06/16(月) 08:41:17 | URL | 雲 | [ 編集 ]
こんにちわ。こちらでは初めましてですね。
リンクして下さってるなんて知りませんでした。ありがとうございます。
嬉しいです。

死んで全てを失うそう思ってきました。けれど残せるモノがあるって
この詩を読んで思いました。

言葉は残る、あたしが生きた足跡。風に飛ばされないよう、波に消されないよう、求めて、願って、生きていきたいな。

では。また。

2008/06/16(月) 14:07:35 | URL | 無道 詩音 | [ 編集 ]
詩音さんへ・・・
ちわ~、詩音さん(^_^)b
リンク、勝手にしちゃいました(笑
自分が詠んで心が震えた詩や言葉を放つブログだけリンクしてるんです。

死んでも失うモノは肉体だけですよ。
その人の心や想いはずーっと残ると思うんです。
ましてや、詩音さんは詩人やろ。
詩音さんが心を込めた言葉たちは永遠に生きていく・・・。
忘れないで下さい。
心の言葉は自分自身というコトを・・・。

詩音さん、これからも「心の言葉」を紡いで下さいね(^_^)v
2008/06/16(月) 14:24:28 | URL | 雲 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog