FC2ブログ
雲心月性
心の言葉が聴こえますか?
心根と永遠と
キミから教わったコトは
勇気という力を与えてくれた
キミは常に闘い 真っ直ぐな心で

正しいコトは正しいと
間違ってるコトは間違ってると
ボクにその身をもって教えてくれたね

キミと出逢った頃のボクは
常に波風を立てないように
生きてく術を得ていた そう臆病者が故に
あらゆる争いを避け 傍観者になっていたんだ

そんなボクはキミの瞳に
どんな風に映っていたんだろう

知らない街でおどおどしてたボクに
キミはさり気なく声を掛けて
友達になってくれたんだったね

「大丈夫だから」
キミの瞳はそう語りかけていた

そんな優しくも強いキミだったけれど
真っ直ぐな心は傷つき 
今にも折れそうなぐらい弱っていた

そんなキミに出来るコトといえば
キミを連れて逃げるコトだけだった

街から街へと彷徨い 
たどり着いた街が
キミと最後の暮らしになるなんて
想像もつかなかったけれど

今想えば キミとボクはあまりに似ていて
魂の重さが同じだった ただ違うコトといえば
キミは光で ボクは影 そんな関係だったよね

だからボクは初めて
「永遠」という言葉の存在を信じた

けど永遠なんて人間が作り出した幻
別れという時間は刻一刻と忍び寄っていたんだ

キミはボクと暮らす中で常に先頭を走り
ボクと言う臆病者を護ってくれた

キミに甘え いい気になっていたボクは
キミの心の音がいつしか聴こえなくなっていた

崩れ落ちたキミの心は
ボクという臆病者を護る力も失い
優しさを失ったボクは
キミという終の住処を失うコトになった

キミが去った後 ボクの心には
「キミ」という名の勇気が宿っていたんだ

キミが教えてくれたコト
大事なモノを護る為に
たとえ大いなる相手であっても
正しいコトは曲げちゃいけない

キミの真っ直ぐな心は
こんな臆病者のボクにも伝わっていたんだ

今のボクを形成するキミの心は
永遠という言葉の存在を 再びボクに教えてくれた


にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ←応援クリック、宜しく御願いします(´・ω・)(´_ _)ペコリッ

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

コメント
いや~ひなちゃの事を そこまで書いてくりると
テレましゅにゃ~(*^ё^*)ゞテレテレ
ぬは!殺気…!!ε=ε=ε=ε=┏(;ーё-)┛

それにしても 良い彼女をもってただね~v-10
こりきゃらは 大事にゃモノ ちゃんと護れだよ~v-238
…護れにゃかったら罰金ね…(¥ё¥)b
2008/06/08(日) 05:10:19 | URL | ひなちゃ | [ 編集 ]
ひなちゃへ・・・
オイラは見る目はあるからね( ̄ー ̄)ニヤリッ
いつも良い彼女と付き合うよ
ただ、オイラがアホだから同じ様な繰り返しで別れるんや(-_-;)ウーン
人の根本的性格なんて、そうそう変われるモンやないでね
ま、若い時ならその繰り返しでもええけど、こう歳を取るとなかなか次が見つからないから孤独と闘うハメになる
2008/06/08(日) 13:00:20 | URL | 雲 | [ 編集 ]



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog