FC2ブログ
雲心月性
心の言葉が聴こえますか?
いつか・・・
ほら またキミのことを考えてる
何をしていたって ちょっとした瞬間に
キミの笑顔が僕の心の隙間をうめつくしてる
それは僕がキミに堕ちた証拠なんだろう

ほら またキミを目で追っている
何気ない仕草が愛おしくて
キミのその笑顔がいつか僕に向けられたら
なんて僕の妄想だけが頭を駆け巡ってる

きっとキミは僕のことなんて
その他大勢の友達の一人でしかなくて
キミを気にしてることすら
気づいてないんだろうな

そんなこと分かってるけど
話し掛けられるだけで
幸せと喜びを感じてる
だからキミの傍に居ようとしたり
遠くからキミを見つめてる

そんなこと繰り返したところで
何一つキミが僕に振り向く解決策に
なってないことも分かってる

声を掛けなければ何も伝わらないし
キミの前で気持ちを伝えなければ
この何もない毎日から抜け出せない

でも 取り敢えずは
この前にも後ろにも進まない
日常をもう少し楽しもうか

僕はズルくて天邪鬼な人間だから
こんな何気ない関係から
キミが振り向いてくれたら
なんて都合のいいことばかり考えながら
この代わり映えのない日常を過ごしていこう



にほんブログ村 ポエムブログ 悲哀詩へ
にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog