FC2ブログ
雲心月性
心の言葉が聴こえますか?
時間の闇
何気なく過ぎ去っていく
混乱した時間は
同じコトを繰り返し

疲れた精神で
たどり着いた部屋
温もりが消えた空間

ふと君の居た部屋に
習慣のように眼を向ける

其処にあるのは
君が居た証の残骸だけが
寂しそうに佇んでいる

君の愛くるしい瞳と小さな身体
もう居ない・・・

永遠に傍に居るモノと
勘違いしていた僕は
大切なモノが何なのか
解らずに暮らして来たのだろう

君が去った空間は
僕一人では広過ぎて
孤独を深めていく

君が残していったモノは
想い出があり過ぎて
涙を誘う・・・

過去と後悔
それだけで構成された
僕のココロは
時間の流れからも
取り残されていく・・・



にほんブログ村 ポエムブログへ

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog